看護師と医師の関係

私の勤務する病院は、19床以下の有床診療所で、医師が四人います。
各先生で特徴がありますが、最近、医大からこられた先生をみると、病院によって、医師と看護師の関係にかなり差があるのを感じました。
他の先生方は、他院への紹介状作成や他院への連絡は、ご自分でされます。患者さんの声を伝えると、それに対しての対応をきちんとしてくださいます。
また、治療に関しての看護師の意見をきちんと聞いてくれ、患者さんに最善の治療が出来るような関わりをしてくれます。看護師を共に治療を行うスタッフとして認識してくれています。
ところが、医大からの先生は違いました。
紹介状や他院への診療情報提供書の作成は看護師の仕事で、先生はチェックだけです。他の必要書類の準備や他院への電話連絡も看護師です。医療秘書と同じような扱いです。
そんな感じなので、治療方針について話し合ったり相談されたりなどと言うことは、まったくありません。
医者のほうが偉い!という思いが、あちらこちらにみられ、正直、あまりいいものではありません。他のスタッフからも不満が聞かれます。
ただ、医大で働いている看護師に話を聞くと、ほとんどの医師が、当院に来られた医師と同じゃうな感じだと言うことでした。
病院により、医師と看護師の関係性にはちがいがあるようです。
医師と看護師は、患者を治すという同じ目的をもったエキスパートなのだと思います。
どちらが偉いという事にこだわらず、お互いを尊重した関係性が築けていけば、よりよい患者への関わりに繋がるのではないかと思います。